ほしで拓也は市民と伴走。『今→明日への道』ふるさと柳井を力強く拓きます。

夢づくり全力宣言

山口県も柳井市も今は大きな混迷と混乱、危機の中にあります。

国の活力においては経済活力の衰退とともに、閉塞感に閉じ込められ、日々、衰退の道を辿っているのが今の柳井の姿です。その中で明日の地域の活力化にもがき苦しんでいるのが柳井市ではないかと思います。

そんな閉塞感が強まる中で「夢を語る人」の必要を私は感じます。

「夢」は明日を拓く力の源です。

私たちは現実の閉塞感に直面し続けるあまりに、夢を持つことを、地域も人も忘れてしまったような気がします。

夢は希望です。希望があるから人は頑張れるし、地域は明るくなれると信じています。

今こそ私たちに求められているのは、夢を持つこと、夢を語ること、夢を創ること、夢を実現することです。

私はその大切さを訴えつつ、夢の実現に全力で取り組んでまいります。

どうか皆様のご理解とご支援をいただき、皆様と一緒に、明日の柳井に向けた県政に邁進させていただくことを心からお願い申し上げます。

ほしで拓也

ほしで拓也ブログ最新記事

人生の最期を考える、、合同情報交換会に。
こんにちは、ほしで拓也 です。 周東総合病院で行われた第14回合同情報交換会。今日のテーマは「希望する棲家で最期を迎える事ができる地域を目指すために」 医療・福祉・介護・保健に従事される方々、民生委員の方々など約200名が参加されました。 一人でも自宅で最期を迎えたい、住み慣れた施設で最期を迎えたい、また患者と家族の看取りの希望が違う時どうするかといった課題や問題にディスカッション形式で取り組みました。 それぞれの役割で、また個人個人が自分の最期について考える必要性を改めて学びました。 ○議題に
>> 続きを読む