ほしで拓也は市民と伴走。『今→明日への道』ふるさと柳井を力強く拓きます。

夢づくり全力宣言

山口県も柳井市も今は大きな混迷と混乱、危機の中にあります。

国の活力においては経済活力の衰退とともに、閉塞感に閉じ込められ、日々、衰退の道を辿っているのが今の柳井の姿です。その中で明日の地域の活力化にもがき苦しんでいるのが柳井市ではないかと思います。

そんな閉塞感が強まる中で「夢を語る人」の必要を私は感じます。

「夢」は明日を拓く力の源です。

私たちは現実の閉塞感に直面し続けるあまりに、夢を持つことを、地域も人も忘れてしまったような気がします。

夢は希望です。希望があるから人は頑張れるし、地域は明るくなれると信じています。

今こそ私たちに求められているのは、夢を持つこと、夢を語ること、夢を創ること、夢を実現することです。

私はその大切さを訴えつつ、夢の実現に全力で取り組んでまいります。

どうか皆様のご理解とご支援をいただき、皆様と一緒に、明日の柳井に向けた県政に邁進させていただくことを心からお願い申し上げます。

ほしで拓也

ほしで拓也ブログ最新記事

天神春まつり、時代絵巻が再現!
こんにちは、ほしで拓也 です。 絶好のお天気のもと、柳井天神春まつりが行われました。 最大の見どころである、江戸時代の参勤交代に扮した一行が市内を練り歩く大名行列。2週間の練習の成果を、先箱、毛槍役の柳井青年会議所、市役所職員さん、柳井学園高等学校の生徒さんを精一杯の演技で披露しました。○私も先箱役で! 柳井商工会議所青年部また、市内の児童、生徒さんの市民皆さんの多くの協力を得て、菅原道真公を祀る柳井の春の大祭が二日間無事に行われました。天満宮の境内では、第80回柳井天満宮奉納剣道大会が開催。
>> 続きを読む