ほしで拓也は市民と伴走。『今→明日への道』ふるさと柳井を力強く拓きます。

夢づくり全力宣言

山口県も柳井市も今は大きな混迷と混乱、危機の中にあります。

国の活力においては経済活力の衰退とともに、閉塞感に閉じ込められ、日々、衰退の道を辿っているのが今の柳井の姿です。その中で明日の地域の活力化にもがき苦しんでいるのが柳井市ではないかと思います。

そんな閉塞感が強まる中で「夢を語る人」の必要を私は感じます。

「夢」は明日を拓く力の源です。

私たちは現実の閉塞感に直面し続けるあまりに、夢を持つことを、地域も人も忘れてしまったような気がします。

夢は希望です。希望があるから人は頑張れるし、地域は明るくなれると信じています。

今こそ私たちに求められているのは、夢を持つこと、夢を語ること、夢を創ること、夢を実現することです。

私はその大切さを訴えつつ、夢の実現に全力で取り組んでまいります。

どうか皆様のご理解とご支援をいただき、皆様と一緒に、明日の柳井に向けた県政に邁進させていただくことを心からお願い申し上げます。

ほしで拓也

ほしで拓也ブログ最新記事

9月定例会が開会し、豪雨災害について補正予算。
こんにちは、ほしで拓也 です。 9月定例会が開会しました。 7月の豪雨災害。山口県では亡くなられた方3名、負傷者13名、そして家屋の損壊や床上、床下浸水は1300棟を上回る被害が発生と村岡知事さんより冒頭報告がありました。家屋だけでなく、公共施設や農林水産施設に大きな被害がでた今回豪雨。今議会では、災害に必要な補正予算が編成。災害復旧事業、116億1500万円、関連事業として砂防事業や河川改修事業として47億4500万円が追加計上。災害関連経費、総額173億7000万円となっています。発災後は、
>> 続きを読む