ほしで拓也は市民と伴走。『今→明日への道』ふるさと柳井を力強く拓きます。

政策

昨日の夢は今日の希望であり明日は現実となる

明日を拓く産業力

“強い産業力”なくして明日の地域の活力は生まれません。柳井港港湾機能や道路などの産業基盤の整備を進めます。柳井―玖珂間の地域高規格道路、県道柳井上関線、国道188号岩国南バイパスの南伸、国道188号の平生バイパスの整備に取り組みます。


明日を拓く人財力

平成20年、88年の歴史に幕を閉じた柳井商業高校。旧柳井商業高校の跡地の有効活用は柳井市の発展に大きく寄与するものであります。また、老朽化を迎え、建て替えを検討している柳井健康福祉センターの建設候補地としても、旧柳井商業高等学校跡地の活用の推進に尽力してまいります。


明日を拓く観光力

地域の活性化を図るためには交流人口の拡大が必要。平成30年の「明治維新150年」に向けてやまぐちの食や温泉、歴史文化などの魅力をまるごと体感していただく、山口県の「やまぐち幕末ISHIN祭」。

山口県が主要な舞台となる大河ドラマ「花燃ゆ」の放送と合わせ、幕末維新ゆかりの地、妙円寺(月性展示館、清狂草堂)、克己堂、幕末ゆかりの人、海防僧月性のキャンペーンに県と柳井市で連携して取り組みます。


明日を拓く地域力

魅力ある地域資源を生かし、それぞれの地域が元気になることで、柳井市、そして山口県が元気になることができます。

県と連携して「コンパクトなまちづくり」や「地域の夢プランづくり」を進めていきます。


明日を拓く発信力

柳井市が進めている「にこにこ健康づくり」や、周防大島町と協働で初めて開催した「サザンセト・ロングライドinやまぐち」などの新たな取組を含め、歴史・自然・町並み等、柳井市の魅力を県と連携して、全国にそして世界に情報発信します。